フリーWebデザイナーは原稿も書かないといけないの?




Webデザイナーの仕事は多くの工程をこなす必要がありますが、盲点になるのは「原稿制作」に関することです。

「原稿はお客様が用意するものではないの?」

「文章を書くことはデザイナーのの仕事ではないですよね?」

そんな風に思われたかもしれません。しかし Web制作の仕事の一つには「原稿制作」も含まれています。

実際、私も毎日たくさんの Webコンテンツの執筆を行っていますし、文章を書けることが強みになったおかげで、在宅ワークでいながら多くの仕事を獲得できています。

ここでは、あなたが原稿制作のスキルを身につける理由をご紹介していきます。

絶対に原稿を書けるようにならないといけないの?

Webデザイナーは「絶対に」原稿を書ける必要はありません。

しかし、原稿を書ける人の方がクライアントの立場で見ると、とても助かる存在になります。すなわち、リピート発注やレギュラーの仕事を獲得しやすくなります。

同じお客様に何度も依頼いただければ、あなたの生活は安定します。

「○○さんに頼んでおけば、安心です!」

これからフリーランス目指すなら、こんな風に思ってもらえるWebデザイナーになってくださいね。

フリーランスWebデザイナーが原稿を書けるようになるべき理由

お客様が仕事を「丸投げ」できるので、便利だと思ってくれる。

経営者の皆様は忙しい毎日を送られているので、手を動かす時間はありません。そのため、私たちWeb制作者が経営者の皆様に変わり、原稿を仕上げられることが理想です。

原稿料も上乗せできるので、多くの報酬をもらえる。

原稿が書ければ、当然その費用も請求できます。デザイン費用やサーバー構築代に加えて、 原稿を執筆費用も受けとることができます。

原稿が書けるデザイナーは少数なので、価格競争を行わずとも独自の地位を獲得できる。

お客様に原稿制作を依頼してはいけないの?

クライアントは原稿を書くのが苦手な方がとても多いです。

そのため、原稿が出来上がるのを待っていたら、いつまでもプロジェクトは進行しない。すなわち、いつまでもあなたが作るWEBサイトは納品されず、収入が入らないという恐ろしい事態を招きます。

文章を書くのが苦手な方や、忙しい経営者の方々に原稿制作を依頼すると、いつまでもあなたに制作費は振り込まれません。

そんな事態を招いてしまうと、あなたの生活も破綻してしまいますので、こちらで文章を書けるようにしておきましょう。

原稿(コンテンツ)の作り方

一番大事なことは、クライアントがどのようなウェブサイトにして欲しいかを理解することです。よくあるパターンは、

  • 顧客が Web サイトを見た時に住所や地図が分かればいいので、 コンテンツは基本的な情報さえあればいい。
  • 求人専門サイトを作って欲しいので、既にあるパンフレットから Web 用にコンテンツとして展開してほしい。
  • お客様に配っているリーフレットがあるので、これを参考にして長めの原稿に書き換えてほしい。
  • 会社理念や商品紹介ページは丁寧に作りたいけど、文章を書くのが苦手なので、代わりに作って欲しい。

のような、 ご要望です。 クライアントのご希望をきちんと解析し、満足してもらえるコンテンツ作りをしていきましょう。

当サイト管理人の場合

私は次のような方法で原稿づくりを進めています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 会社概要のような基本的な情報や、社内にあるパンフレットなどを頂戴する。
  2. セミナーを開催している企業からは、参加者に提出している資料も可能な範囲でご提供いただく。
  3. その他はクライアントにインタビューを行い、会社の理念やコンテンツとしたい事柄をしゃべってもらい、録音する。そして、そのデータをもとに編集&原稿へと仕上げていきます。

私が原稿を書けるようになった理由

私は元々美術系の専門学校しか出ていませんし、文章を書くのは決して得意ではありませんでした。

しかし、転機が訪れました。

以前、勤めていた会社でメルマガ担当になったのです。忙しい職場でしたので、誰もが2個3個、専門外の仕事を抱えていて、必然的に私もデザイン以外の業務も取り組むことになりました。

そしてその中のひとつに、メルマガの制作があったわけです。

はじめは一通のメルマガを書くのに、何時間もかかっていましたが、最終的には2時間で仕上げられるようになりました。

原稿制作は、国語の成績が良かったり、日頃読書に親しんでいる人でない限り、早く書けないような印象がありますが、そんなことはありません。

文章は書けば書くほど、速く書けるようになります。そして、早く書けるようになれば、自分の「得意なこと」になっていきます。

私のケースで言えば、初めはメルマガ制作だけでしたか、次第に取材に同行して文字起こし・編集を行うようにまでなりました。

当初はイヤイヤ取り込んでいましたが、今では自分の強みとなっていますので、このような機会を与えてくださった当時の上司にはとても感謝しています。

良い文章の定義もよくわからないのですが・・・

もし、どうしても書き方がわからないなら、正しい日本語を扱っている文章を写経するのもおすすめです。

文の構造や心を揺さぶられる表現を味わいながら、自らの手で書いていくことで、次第にその方法が身についていきます。

ブログを開設して、練習がてら投稿していくのもいいですね。もちろん、そのときに自分の仕事の宣伝を含めるのもオススメです。使えるものはどんどん使っていきましょう。

初心者には執筆支援ツールがおすすめ

ここまで、Webデザイナーでも原稿が書けた方がいい理由を述べてきましたが、それでも「人前に出せるような文章を書いたことがない」「原稿制作の基礎がどういうものなのかわからない」という方も多いかと思います。

そのような皆さんにおすすめなのは、原稿制作の執筆支援ツール「文賢」です。

すべての人のライティングに勇気と自信を与えるツール【文賢】

まだフリーランスで仕事を受けたことがない方でも、文章を書く自己練習が簡単にできる大変便利なツールです。

私も実はユーザーの一人で、これがあるのとないのでは仕事のスピードが全く違います。まだ知らない方も多いので、カンタンにご紹介していきますね。

原稿制作初心者に「文賢」をおすすめする理由

  • 制作した文章の判定を自動で行い、何をどうすれば良いかを指導してくれる
  • 文章における日本語の使い方をツールが自動で精査してくれる
  • 誤字脱字判定を自動で行ってくれる
  • 類語や言い換え機能で文章制作のバリエーションを豊かにしてくれる。

などなど、ここでは書ききれないほどの機能が、これでもかと搭載されています。

この「文賢」を使って、日々トレーニングしていけばあなたは必ず読みやすい原稿が書けるようになります。

選ばれる Web デザイナーを目指すなら、原稿制作のスキルアップに是非取り組んで下さいね!