Webデザインセンスはどうやって身につける?




これからフリーランスのWebデザイナーとして在宅ワークをしたい!けれども、肝心のデザインセンスはどのように身につければいいでしょうか?

私は学生時代に物のデザインの勉強をしていましたが、Webは物のデザインに比べ、「良い」とされる理屈がわかりやすいので、とてもロジカルだと思いました。

だから「デザインセンスに自信がない」と思っている初心者の方でも、あっという間に身に付けられると感じています

良いデザインのルールさえわかれば、あっという間に技術は向上していきますので、このページでご紹介することをぜひ取り組んでみてくださいね。

色々な Web サイトを見るようにしよう

学校の勉強をする時と同じように、Web デザインもまずはインプットをすることが大事です。

毎日好きなサイトばかりを見るのではなく、世の中のいろいろなサイトを見るように心がけましょう。

フリーランスの Web デザイナーが受注する仕事は、業種やサイト規模が同じではないので、様々な事例を記憶に残しておく必要があります。

そのため、自分の好みのWebデザインばかりを制作していくわけにはいきません。

例えば、 色数が多く画像重視のファッションサイトばかり見ていたら、 シンプルで情報の取りやすさ重視のビジネス系のサイトを作るアイディアは沸きづらいかもしれません。

クライアントの人数や顧客にあった Web サイトを作れるように、いつでも情報のストックを頭の中に貯めておきましょう。

良いと思ったデザインをストックしておこう

色々な Web サイトを見る習慣を身につけたら、パソコン上やオンラインツールでメモをしておくようにしましょう。

私はscrapboxEvernoteなどの クラウドツールを利用しています。

気に入ったサイトの画面キャプチャーを取り、「何がいいと思ったのか」を簡単にメモしておくのもおすすめです。分析して言語化することによって、自分の頭に「良いデザイン」のルールが定着していきます。

「いいなあ」と思ったものは、自分なりにアウトプットもしていきましょう。

好きなデザインを練習として真似してみよう

良いと思ったデザインのストックが溜まってきたら、そのデザインを自分で再現できるか真似することもおすすめです。(これは練習用ですので、仕事として真似するのは NG です。)

物のデザインの基本がデッサンであるように、 Web デザインでも模写することはたくさんの学びをもたらします。

他の人の作品を真似してみることで「このデザインがよく見える理由は、この部分にこだわっているからなのか」「わずかな差でこんなに違って見えるんだ」そんなふうに自分の手を動かしながら、多くの気づきを得ることができます。

真似してみる内容は、コーディング・画像制作全ての事に役立ちますので、自分の練習の範囲で真似してみてくださいね。

雑誌デザインも参考にしよう

以前いた職場で印刷物のデザインにも関わったことがあるのですが、Webに比べてグラフィックデザインの技術力はより高いものを求められている印象があります。

そのため、画像の使い方やイラストの取り入れ方、配色、文章の読みやすさなど大いに参考になります。

ランディングページのデザインは紙媒体のデザインに近いので、大いに参考になりますよ。

文字組みの基礎を身につけよう

文字組みという言葉ご存知ですか?文字組みとは、簡単に言うと見出しや文章を、読者に読みやすく整えていくことです。

Web業界よりも 印刷業界でよく使われる言葉ですが、 私達 Web 制作者にとっても大切な要素です。

どのようなサイズのフォント(書体)を使い、どれぐらいの行間を開ければ読みやすいかなどを意識して文字の取り扱い方を調整すれば、ずっと見た目の印象が上がります。

反対に言えば、文字組みをおろそかにすることで素人っぽさが出てしまいます。文字文章の取り扱い方は、きちんと学んでおきましょう。

色彩について学ぼう

色彩感覚を身につけることもたいせつです。色彩検定で出てくるようなビビットトーン、ペールトーンのような、色の基礎を抑えることも大切ですが、 Web 制作においてはお客様の好む色の傾向を知ることが大切です。

例えば、コンサルティング会社のようなビジネス層には、真面目な印象を与える紺色を使うと、高級なイメージを与え、たとえ商品価格が高くても申し込みをしてくれるお客様が現れます。

これがもし、パステルトーンのピンクのサイトだったら、会社のイメージと合わず、なかなか申し込みは入らないですよね。

業界ごとに好まれる色を分析しながら、より売り上げに貢献できる色使いを施すことが私たち Web デザイナーの役目です。

けれども、例えば女性のデザイナーは男性の色感覚がわからなかったりしますので、自分の

感覚だけで仕事をするのは危険です。専門書など読んで、セールス向けの色彩感覚を身につけていきましょう。

導線を意識しよう

良いウェブサイトとは見た目のことだけではありません。使いやすさはとても重要な要素です。私はウェブサイトとは道具だと思っています。

いくら見た目が良くても、欲しい情報になかなかたどり着けないのはストレスが溜まる一方です。そしてその結果、ブラウザを閉じられる悲惨な事態を招きます。

一生懸命ウェブサイトを作っても、ブラウザが閉じられ見てもらえなくなった瞬間、サイト制作を依頼してくださったお客様の期待を裏切る結果となります。

そしてあなた自身も信用をなくし、リピート発注はしてもらえない可能性が高まります。

見た目ばかりにこだわることは、制作者側のエゴでしかありません。使いやすさを最優先でデザインを行いましょう。

まとめ

たくさんのことを書きましたが、基礎を固めてしまえば、二度と失われることのないスキルばかりです。

初めのうちはやることが多く大変かもしれませんが、これは筋トレと同じです。

次第にあなたのデザイナーとしての筋肉が育ち、大きな仕事も抱えられるようになるでしょう。コツコツと地道に進めていきましょう。