超重要!時間管理ができるフリーランスWebデザイナーを目指そう




フリーランスは会社員に比べて、時間に余裕があります。在宅勤務なら通勤時間も発生しませんし、割り込み仕事も起きづらいです。

しかし、なまけようと思ったらいくらでもダラダラと過ごせるのが、フリーランスの難点。恥ずかしい話ですが私の経験でも、

  • 休憩のつもりが Twitter を見すぎて気づいたら3時間経過していた
  • お昼ご飯を食べた後、お腹がいっぱいになり、少し横になったら夜になっていた

ということも、ありました・・・

「油断していたら締切に間に合わなかった!」なんてことになったら、二度とそのクライアントからは仕事はいただけません。

フリーランスは信用第一。だからこそ、時間管理術を身につけておくことをオススメします。

何をどれくらいの時間で作れるか測ってみよう

フリーになったら、制作する際に「どれくらいの時間がかかるか」を把握しておくことが重要です。なぜなら、仕事がどんどん入ってきた時にすべてを受注してしまうと、スケジュールがパンクしてしまうからです。

新人の頃は自分が何をどれぐらいの時間で完成できるのか、分かりづらいので最初は着手から完成までの時間を測っておくことをお勧めします。

今、まだ1サイトも作ったことがなければ、今のうちに時間を測りながら手を動かす練習をしてみてください。具体的には、

  • 300×300のバナーをひとつ仕上げる時間
  • ドメインの申請〜サーバーの申し込み〜wordliressの設置までの時間

のように、作業を分割したうえで、それぞれの時間を計測してみることをオススメします。

そうすれば、「バナーだけ作って欲しい」というオーダーが入ったときでも、即スケジュールの提案ができますので、お客様にも安心感を与えることができます。

何度か手を動かしていくうちに、大体の時間感覚が分かってきますので、それを基にスケジュール管理できるようにしていきましょう。

予想よりも長い時間で見積もることが大事

大体予想よりも、1.5倍から2倍の時間がかかることを見積もって、予定を組むことが大事です。

計画通りのスケジュールで過ごせればいいのですが、途中でメールを返信したり、ゆうちょ依頼される仕事が入ったり、また急なパソコンのトラブルが起きることもあります。

ダラダラと作業を続けすぎないように気をつけよう

例えば、「バナーデザインは2時間以内で完成させる」というように、 自分で時間を区切って作業に取り組むことも重要です。

在宅ワークだと周りには上司もいませんので、だらだらと作業をしていても誰からも文句を言われません。

しかし、私の経験上、長い時間をかけて作ったもの=良いデザインとは限りません。何時間かけても、さほどブラッシュアップできません。

そのため、私がオススメしたい方法はある程度の時間を区切って作業を終わらせてしまい、その段階でクライアントからご意見をフィードバックしてもらう方法をとっています。

その方が、お互いの意識のすり合わせも行いますし、間違った認識で作業を進めすぎてしまうということも防げます。

「途中で見せるなんて、お客様に失礼ではないのですか?」

と、心配されるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、途中で進行状況を確認できることは、クライアントにとっても安心感につながりますので。歓迎してもらえます。途中段階でみていただき、

  • 「この色味よりも、もっと濃い色でお願いします」
  • 「この書体は可愛すぎるので、もっとビジネス風のしまった書体に変更をお願いします」

のようなフィードバックをいただければ、解釈の相違があった時も修正できますし、「せっかく何時間もかけて作業をしたのに・・・」と悲しい気持ちになることもありません。

まとめ

スケジュール管理はフリーランスのデザイナー生活において、とても難しいことのひとつです。

せっかく在宅勤務ができるようになったのですから、仕事の合間に家事や通院なども済ませてしまいたいですよね。

自分でスケジュールもデザインできるようになれば、フリーランス生活もぐっと充実した毎日になりますので、ぜひ意識的に取り組んでみてくださいね。

CodeCamp