フリーランスのWeb デザイナーになるために何を準備すればいいですか?




フリーランスのWebデザイナーとして在宅ワークをはじめる前に最低限の準備として揃えておきたいものをまとめました。まずは小さい規模で始めながら、あとで必要になったものを都度足していくことをオススメします。

必ず必要なもの

1.パソコン

在宅でWebの仕事をするならノートパソコンよりも、デスクトップのパソコンがあるほうがいいです。

パソコン上の作業スペースと作業スピードは比例しますので、効率よく仕事を進めるためにはノートパソコンよりも、デスクトップパソコンをオススメします。

また、ディスプレイの大きさもできるだけ広い物を選ぶと良いでしょう。

Web 制作では Photoshop やHTMLエディターなど多くのソフトを同時に立ち上げたり、お客様から送っていただいた資料やメールも表示する必要があります。

そのため、できるだけ面積の大きなディスプレイがあるといいです。

ソフト以外にも動作確認のためにブラウザを表示して作業を進めますので、狭いディスプレイを使っていると画面の切り替えが多く発生し、とても非効率です。

これらのことから、できるだけ画面の大きなディスプレイを用意しましょう。

ウィンドウズとMacどちらを用意しておけばいいですか?

初めのうちは自分が慣れ親しんでいる OS のパソコンを使えばいいと思います。

できれば2台用意した方がベターですが、最初から完璧を求めすぎると疲れてしまいますので、わかりやすいものから少しずつ慣れていきましょう。

2.ソフトウェア

最低限必要なソフトは以下の通りです。

1.ブラウザソフト(Internet Explorer、 Google Chrome、 Firefox、 safari)

ブラウザソフトは無料ですので、各公式サイトから最新版のバージョンのものをインストールしておきましょう。

2.Photoshop

Web デザイナーなら必須のソフトです。月額980円〜利用できますので、必ずインストールしておきましょう。

3.エディターソフト

コーディング(html を組んでいくこと)に必要なソフトです。

無料のテキストエディターでも組めないことはないのですが、効率よく作業を進めるためには専用のソフトを使うことをオススメします。

他にも入れておきたいソフトは色々ありますが、最低限の準備としてはこれらがあれば、良いでしょう。

3.フォント(書体)

初心者の Web デザイナーさんが見落としがちなのが、フォント(書体)の重要性です。

「時間をかけて作ったWebサイトがいまいちかっこよく見えない」そんな時は、フォント選びをおろそかにしている可能性があります。

文字もデザイン要素の一つですので、こだわってデザインを組んでいきましょう。

有償フォントの方がデザイン精度は高くなりますが、今は無料の良いフォントもたくさんありますので、まずは無料のものからインストールしておけばOKです。

4.高速インターネット回線&ルーター

もし今、 iPhoneや Android 端末だけでウェブを見ているならば、必ず家にインターネット回線を引いておきましょう。

Webサイトの制作は、データをまとめてダウンロードしたり、重いデータをアップする機会もありますので、通信速度が遅いと待つ時間ばかりがかかってしまいます。

時間を効率よく使うことは、この仕事にとってとても大切なことですので、何事もスピードを最優先に考える癖をつけておきましょう。

自宅にインターネット回線を引くためには、

  • 光回線の契約
  • プロバイダーの契約

が必要です。ただし、携帯会社のプランによっては、スマホの利用料金とセットにしたお得なプランもありますので、この機会にお得なセットを探してみてくださいね。

まとめ

この他にも後々、必要なものは出てきますが、スタート時に最低限必要なものは上記にあげた内容です。

Web 制作は他のビジネスと比較して、通信環境・パソコン・ソフトさえあればビジネスができますので、スタート時のハードルはとても低いです。

パソコンやソフトを持っていない方は、ある程度まとまったコストがかかってしまいますが、他のビジネスに比べればわずかなお金で始められる仕事です。

また、在庫コスト発生しませんので、金銭的なリスクはとても低いと言えるでしょう。

ちなみに私の作業スペースは横幅120cmのわずか机ひとつぶんしかありませんが、会社員時代よりも報酬はぐっと上がりました。

これだけコンパクトにできるビジネスはそうありませんので、楽しく準備を進めてくださいね。

CodeCamp