仕事の探し方

フリーでWebの仕事をするならランサーズに登録するべき?

はじめてフリーでWebの仕事をしようと考えたとき、ランサーズのようなクラウドソーシングサイトを思い浮かべたのではないでしょうか?

ランサーズはクラウドソーシングサイトの先駆けで、求人数も圧倒的。かしこく活用すれば、こんなに便利なものはありません。

ただし、場合によってはトラブルを招く可能性も。

「ランサーズがあれば、すぐにフリーで働ける!」

そんなイメージがあるかもしれませんが、残念ながら良いことばかりではありません。

私も何度かランサーズを通して仕事をしたことがありますが、基本的にデジタルでのやりとりがメインになりますので、その分、コミュニケーション方法に難しさがあるのも事実です。

ここでは、メリット・デメリットを解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ランサーズに登録するメリット

求人サイトのように手軽に仕事を見つけられる

クラウドソーシングで一番のメリットは、その手軽さです。

これまでは、社会人として十分な実績を積み、人脈を築いた人だけしか獲得できなかったフリーの仕事が、ランサーズを使えば誰でも簡単に見つけることができるようになりました。

私の場合、日常的によく読んでいたオウンドメディアの仕事を受注したことがありますが、このサイトの仕事はこれまでの私の人脈ではとてもじゃありませんが、たどり着くことはできませんでした。

このように、思ってもみなかったような規模の仕事が舞い込む可能性があること。これが、ランサーズを活用するメリットのひとつと言えるでしょう。

地域問わず仕事を受けられる

たとえフリーで働いていても、東京近郊エリア以外に住んでいる方はWeb業務を獲得しづらいとよく聞きます。

これは、企業の本社が東京に所在することが多く、フリーの制作者を探すときは、人の紹介で探すことが多いからです。

けれども、ランサーズの場合は発注者が大企業はもちろん、個人事業主の方からのオーダーも多く集まる性質のため、さまざまな地域からランサーズに求人が集まります。

連絡手段の多くは、ランサーズ純正のメッセンジャーを通したコミュニケーションとなりますが、最近はWeb会議機能も搭載されるなど、より対面に近いやりとりが可能になりました。

このように、たとえ地方に住んでいる方でも遠く離れたエリアにあるクライアントと仕事が可能になります。

ランサーズに登録するデメリット

とにかく単価が安い

ランサーズ全体に言えることですが、制作単価が非常に安いです。

Web制作は時間のかかる仕事ですので、自分の仕事を時給換算する必要があると思いますが、発注者の多くは「できるだけ安くお願いしたい」と考えています。

一部プロジェクトは高単価である場合がありますが、このようなケースは経験豊かなデザイナーでなければ、採用していただけないことがほとんどです。

ただし、未経験でフリーランス一年目の場合は経験値が必要ですので、はじめのうちは安い値段で実績を重ねるのも一考かもしれません。

出どころ不明な発注者が多く、トラブルを招く可能性がある

ランサーズで仕事を発注している方の企業規模はさまざまです。

個人事業主・数名規模の会社・中規模企業・大手企業が混在しているため、ビジネススキルにもばらつきがあります。

大手企業ほど、プロジェクトに関わる人が多い分、スケジュールをしっかり守り、事務手続きについてもスムーズに対応していただけますが、会社規模がちいさい場合は、担当者に振り回されてしまう場合もあります。

そのため、制作以外のストレスを感じてしまう可能性もあり、クラウドソーシングの難しさに直面してしまうかもしれません。

ただし、プロジェクトに取りかかる前にきちんと打ち合わせや確認を重ねておくことで、トラブルは回避できるはずです。

ビジネスパーソンとして、きちんと対応できるよう準備をしておきましょう。

まずは経験してみることが重要。簡単なプロジェクトを見つけて、参加してみましょう。

ランサーズの良い面・悪い面、さまざま挙げてみましたが、これはクラウドソーシングに限らず、どのようなビジネスでもメリット・デメリットがつきものです。

ですから、まずは第一歩。手軽なプロジェクトから参加してみることをおすすめします。

初心者のうちは高望みせず、自分のスキルに見合った仕事から参加してみましょう。

いくら仕事が欲しいからといって、javascriptが得意ではないのに「javascript必須」と書かれたプロジェクトに参加するなど、無理を強いてはいけません。

このようなことをしてしまっては、クライアントにご迷惑をかけてしまいますので、自分をよく見せようとしないことが大切です。

そして、もし一度でも仕事が獲得できればしめたもの。なぜならリピート発注の可能性ができ、放っておいてもご指名いただけるかもしれないからです。

そのためには、制作のスキル向上以外にもきちんとしたビジネスマナーが一番重要です。連絡の返信は24時間以内に行うなど、社会人としての基礎を守り、信頼を損なわない努力をしていきましょう。

ぜひランサーズを上手に活用して、フリーランス生活を軌道に乗せてくださいね!