Webデザインの勉強方法

フリーWebデザイナーになるなら、デザイン学校へ行くべき?

フリーランスのWEBデザイナーを目指すなら、現場に出る前にある程度のスキルは身につけておくことは必須です。

なんでもこなせるオールマイティを目指す必要はありませんが、プロジェクトを効率良く進めるためにはWEB制作の「基礎」を固めておくべきでしょう。

私個人の意見としては、多少知識を持っている人でもWebデザイン学校へ行く価値はあるものだと思います。実際、私もWebデザイン学校へ通学してから実務経験を開始しました。

学校に行って良かったなと思う最大のポイントはクライアントへの実績説明の際に履歴として開示できることです。クライアントの多くはWebデザインのプロではなく、むしろ知識がない方ばかりです。

そのような方たちほど、過去の経歴を気にする傾向が高いように思います。そのため、「Webデザイン学校へ通い、しっかりとした技術を習得しました」という証明ができることは、あなたにとって何よりの強みとなることでしょう。

フリーランスは会社名で勝負するのではなく、あなた自身を売り込む必要がある世界です。少しでも多くの信頼を重ねることが、仕事獲得へと繋がります。

ここでは、私自身のWEBデザインスクール経験談と共に、
選びのポイントを解説していきます。

WEBデザインの学校の種類

WEBデザインの学校には様々な形式がありますが、大きく分けるとふたつです。

  1. 通学形式のスクール
  2. WEBで受講するスクール

通学形式の学校とは?

教室に通って受講する学校タイプのスクールです。ほとんどがグループ単位で受講する形式で、短い場合は1ヶ月。長い場合は1年ほどかけて学んでいきます。

メリット

クラスに属して学ぶので、仲間ができてモチベーションが保ちやすい。

デメリット

  • エリアが限定される
  • 通学時間がかかる

WEBで受講するデザイン学校とは?

オンラインで受講するタイプのスクールです。

授業形式はさまざまあり、大きくわけて次の3つに分けることができます。

  1. リアルタイムに行われている授業見るストリーミングタイプ
  2. 事前に収録された授業を見るビデオ形式
  3. WEBカメラを通してマンツーマンで行われる授業

メリット

  • 場所を選ばないので、全国各地から同じ水準のクラスを受講できる
  • 通学時間が発生しないので、時間を効率的に使うことができる

デメリット

  • 仲間ができないので、講師の相性があわないとモチベーションが保ちづらくなる
  • 録画形式のタイプは、臨場感がないので飽きやすい

当サイト管理人は通学タイプの学校に通いました

私もWEBを仕事とする前は半年間ですが、WEBデザインスクールに通いました。

ただし、今から約20年前の話ですのでオンラインスクール自体なかった時代です。つまり、通学一択でした。

受講した講座は以下の2コースです。

  1. WEBデザイン基礎
  2. FLASH

普通の基礎講座に加え、当時はフラッシュが勢いがある時代でしたのでFLASH専門のクラスにも同時に通いました。(その後、フラッシャーと呼ばれるFLASHの専門家が登場し、とても稼いでいた時代もありました)

Webデザインスクールは役立った?

今の仕事の基礎を固められたのは、スクールに通ったおかげです。

私が在籍したクラスの講師は、有名サイトの元担当者だったので、現場の話を直接聞けたことも良かったです。

また、就職活動のときのアピール方法をその講師から直接指導いただけたことも、大きな収穫でした。

当時「未経験の私でも、本当に雇ってもらえるのかな…」

と弱気になっていたのですが、講師の方は面接官を勤めた経験もお有りでしたので、未経験でもアピールできる方法を直接教えてくださったのです。

また、私自身は、テキストを見ながら物事を進めていくよりも、直接教わるほうが身に付きやすいので、コストが高くなりましたがその方法を選びました。

テキストだけで進めていくとどうしても行き詰まることが出てしまいますが、スクールに通っていれば、わからないことや苦手な部分を直接指導してもらえます。

通学したおかげで、生まれて初めてのウェブサイトを作ることができましたし、WEBデザインの現場の話を直接聞くことができました。

自分の苦手なポイントがわかることも収穫になる

WEBデザインの基礎コースと共に、FLASHのコースを取りましたが、結果的に「自分にはFLASHは向かない」ということがわかり、その分野を追うことは辞めました。

このように、自分にとっての「選択と集中」を見極められたことも通学して得た収穫のひとつと言えます。

その後、FLASHは衰退したので、あの時、苦手分野を無理に学ばないで本当に良かったです。

スクールではWindows?Mac?

私が通ったスクールはMacでした。今はWindowsをメインパソコンとして使い、サブとしてMacbookProを使っています。

どちらも使えるに越したことはありませんので、自分が使ったことのないOSのパソコンが導入されていても「スキルアップのチャンス」と捉え、前向きに取り組んでみてくださいね。

学校は何を基準に選べばいい?

「WEBデザインのスクールに通ってみよう!」

そう思ってみても、何を基準にすれば良いかわかりませんよね。では、

学校選びの決め手は、昼間にアルバイトをしていた職場から通いやすいことです。バイトが終わり、軽めに食事を済ませてから、歩いて通いました。

アクセスが良いのは魅力的でしたが、今だったらオンラインスクールでの受講を検討してるかもしれません。

今のおすすめはWEBでマンツーマンレッスンを受けられる

私が一番おすすめしたいスクールはマンツーマンで受講できるタイプのWEBデザイン学校です。

エリアや時間の拘束がなく受講できるうえ、マンツーマンで受講できるから自分のレベルに合った指導を受けることができます。

WEBデザインの仕事は、見た目をデザインすることだけに限らず、コーディングというスキルが必ず必要になります。

また、javascriptの知識やwordpressの設計など身につけておくべきスキルが多くあり、絶対に得意・不得意な分野が出てきます。その際、大きな助けとなるのがマンツーマンレッスンです。

わかったつもりで進んでしまっては、実際に仕事を開始したときにミスが生じてしまう可能性が大きく、クライアントに多大なご迷惑をかけてしまいます。

まずは勉強を開始したときにしっかりと基礎固めをしておくことを強くおすすめします。

また、今の生活スタイルの中で通学の時間を捻出するのはみなさん大変だと思いますので、移動時間が発生しないオンライン形式はとても大きな魅力に思えます。

スクールによっては、朝の時間帯や夜遅い時間帯の授業を提供しているところもありますので、ぜひそのようなところを上手に活用していただきたいと思います。

時間は限りがあります。いかに効率よく時間を確保するか。このことはフリーで働くことにおいて、とても重要なことです。

今、もし私がスクールに通うとしたら間違いなくオンラインスクールです。移動時間・出かける支度の時間という無駄を省けますし、会社勤めをしながら受講を考えている方にとってはコーヒーを飲む・食事をして帰るなどの支出も0です。

最短コースでWebデザイナーになりたい方にはオンラインWebデザインスクールを強くおすすめします!